製品紹介

凹凸のあるパネルへの取付はナシ地凹凸壁面手すり

凹凸パネル用

岩肌パネル

凹凸・柄パネル

ナシ地パネル

施工責任
取付製品

岩肌パネルなどのフラットでない壁面パネルに施工するための手すりです。

ナシ地凹凸壁面手すり

接着式固定工法

PAT.

接着ベース裏面

接着ベース裏面

専用接着剤を吸盤機構で圧着し、凹凸面に対して確実に固定させる
サクション機構の手すりです

岩肌パネルなどの凹凸面に完全接着

凹凸壁面に対し、補強板により壁面の凹凸を吸収しベース部の吸着効果が発生、接着と吸着効果により手すりとしての安全強度が得られます。

接着イメージ

施工には混合ガンが必要です

混合ガン

混合ガンSB-310¥8,000 +税

安全耐荷重

安全耐荷重 100kgf

図面

サクション手すり品番サイズ本体価格
ストレートUS-400-10400¥19,000 +税
US-600-10600¥20,000 +税
L型US-440-10400×400¥31,000 +税
US-460-10600×400¥32,000 +税
US-660-10600×600¥33,000 +税
連続型US-404-10400+400¥31,000 +税
US-406-10600+400¥32,000 +税
US-606-10600+600¥33,000 +税

施工手順取り付け手順を動画で見る

  • step1

    step1

    取付け位置に型枠を合せます。壁面に付属のプライマーを塗り乾かします。型枠に合わせプレートを貼り付け、凹凸壁面への吸着効果を確認します。

  • step2

    step2

    凹凸壁面への吸着効果確認後、ベースを壁面から取り外し、ベース吸着面に接着剤を混合ガンで充填し、木ヘラで隙間無く伸ばしベース全体に広げます。

  • step3

    step3

    接着剤を塗布したベースを壁面にしっかり押付けレバーを倒し、ベースを壁面に吸着させます。ベースカバー、ブラケットを差し込みボルトでしっかり固定します。

  • step4

    step4

    余分なコーキング接着剤を除去しカバーをブラケットに取り付ければ完成です。施工後24時間で使用可能です。